テレビ出演ランキング

池上彰、2018年のテーマは働き方改革「月1日は休みたい」とポツリ

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2017年12月22日 15:14

お正月恒例番組『池上彰のどーなる?ジャーナル~さらば!!平成 2018年の変わるが分かる!~』(MBS/TBS系ネット)が、1月1日(月)14時30分より放送される。

2014年に始まり、今回で5回目となる『池上彰のどーなる?ジャーナル』シリーズ。今回は、池上彰が平成の30年間に起きた出来事を振り返りながら、2018年がどんな年になるかを大胆に予測する。ゲストは、桂南光はるな愛山里亮太泉里香

まず「平成で変わった!! 政権誕生の仕掛け」では、中選挙区制から小選挙区制になったことで政権交代がしやすくなったことや、小泉政権による派閥政治の撲滅から安倍一強時代に突入した背景などについて、池上が語る。

「平成で変わったコミュニケーション」では、ショルダーホンから現在のスマホやAIスピーカーに至るまでのコミュニケーションツールの変遷を追う。

また、「巨大地震への防災」「象徴天皇の在り方」「北朝鮮と中国」「ショッピング」「日本橋・でんでんタウンは平成ニッポンの縮図だ!」を特集するほか、山里亮太による「どーなってんだよ!コノヤロージャーナル」では不寛容な社会について取り上げる。様々な観点から平成を振り返りつつ、今年の日本と世界がどうなるかを解説する。

池上は「いろんなところから平成を振り返る番組や本をやりませんかと声をかけてもらっていますが、この番組が最初です。(収録を終えて)平成を生きてきたんだなぁという思いがしました。視聴者の方々も自分の30年間を振り返りながら見てもらえる番組になったのでは」とコメント。続けて、「個人的には、平成元年に記者からキャスターになりました。平成は、キャスターとして視聴者に何をどう言えばわかってもらえるか考え続けた30年になります」と自身のキャリアを振り返る。

そして、2018年については「国際情勢、特に中東情勢が気がかり」と心配ごとを明かし、「自分としては働き方改革がテーマ(笑)。せめて月に1日くらい休みたいです」と自身の多忙ぶりについても言及している。

関連リンク
『情熱大陸』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

山本リンダ阿川佐和子を狙いうち『サワコの朝』でトークがどうにもとまらない

宮原、樋口、真凜…平昌五輪への切符は誰の手に?『全日本フィギュア』開幕

ゴールデンボンバー『Mステ』で生演奏を初披露、YOSHIKIとセッション希望!?

ケイン・コスギ「自己記録超えたい」14年ぶり「モンスターボックス」挑戦

全文を表示